何でもないと口をつぐんだ ホントはちょっと足を止めたくて 
なんでもないとくちをつぐんだ ホントはちょっとあしをとめたくて 

だけども君は早足ですっと前を行くから 僕はそれを見つめてる
だけどもきみははやあしですっとまえをゆくから ぼくはそれをみつめてる

最終便 君は乗る ぼくを置いてって 走り出す ゆっくりと 地面がずれていく 
さいしゅうびん きみはのる ぼくをおいてって はしりだす ゆっくりと じめんがずれていく 

泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 「いかないで」
ないちゃだめ ないちゃだめ でもホントはいいたいよ 「いかないで」

遠くへと 消えていく ぼくを置いてって もう随分 見えないよ 夜が崩れていく 
とおくへと きえていく ぼくをおいてって もうずいぶん みえないよ よるがくずれていく 

泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 「いかないで」
ないちゃだめ ないちゃだめ でもホントはいいたいよ 「いかないで」

祭りも終わればいつもと同じ 変わらぬ夜が来るんだと知った
まつりもおわればいつもとおなじ かわらぬよるがくるんだとしった  

だけども君はいつもよりずっと色っぽく見えて 僕はそれを見つめてる
だけどもきみはいつもよりずっといろっぽくみえて ぼくはそれをみつめてる

時間だけが 過ぎていく 僕を連れてって 帰り道 暗いけれど 一人で大丈夫かな 
じかんだけが すぎていく ぼくをつれてって かえりみち くらいけれど ひとりでだいじょうぶかな 

街灯に 照らされて 影ができている 一人ぼっちさ
がいとうに てらされて かげができている ひとりぼっちさ

遠くへと 消えていく ぼくを置いてって 完全に また今度 夜が滲んでいく
とおくへと きえていく ぼくをおいてって かんぜんに またこんど よるがにじんでいく 

泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 「いかないで」
ないちゃだめ ないちゃだめ でもホントはいいたいよ 「いかないで」
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言いたいよ 「いかないで」
ないちゃだめ ないちゃだめ でもホントはいいたいよ 「いかないで」

川口紗/噬血狂殺 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()